リフォームor建て替え

リフォームを計画している人の中には、本来ならばリフォームよりも建て替えの方が効果的、ということを知らない人もいます。

リフォームか建て替えかは、建築の素人には判断が難しい部分でもありますので、リフォームか建て替えかの基準はどのような部分になってくるのかを踏まえてみてはいかがでしょうか。
まず基準となってくるのが、使える部分はどのくらい残されているのかということです。

基礎や土台をはじめ、住宅に使われている各部材を確認して、そのまま利用できるものが多いならばリフォームをした方がよいでしょう。
リフォームの場合は、その取り組み方によっては以前の住居の雰囲気を残しつつ、綺麗な住まいを造り上げることができますので、再び愛着を持って暮らすことができるのです。

中には、住まいへの愛着が強いからこそリフォームを選択した、という人もいるのではないでしょうか。
しかし、年数や使い方、さらに使われている材料の質によっては、既に使えない材料が大部分を占めている可能性もあり、このような場合は建て替えを検討した方がよいでしょう。

住宅には、取り替えがきく材料と、きかない材料がありますので、この部分がリフォームか建て替えかのポイントになってくるのではないでしょうか。 また、意外な盲点としては、土地の規制で、これによっては計画通りのリフォームができないこともありますので十分に注意してください。

リフォームをするなら、そのリフォームが正しいのかどうか、しっかりと確認しておきたいものです。